大橋史信がABEMA報道リアリティーショー アベプラに生出演

2020年11月18日(水)大橋史信がインターネット放送の「ABEMA Prime」(アベマプライム) にスタジオ生出演しました。テーマは「ひきこもり問題から考える“生き方支援”」。コメンテーターの乙武洋匡氏、パックン氏、あおちゃんぺ氏、井川意高氏等と大橋とのやり取りも興味深い内容となりました。

▼下記より番組の模様をご覧いただけます。どうぞご視聴ください。
●ABEMA 報道リアリティーショー「ABEMA Prime」
“ひきこもり”コロナで倍増? 約2年前から4畳半の自室で生活する当事者の苦悩とは/生きづらさから解放…大人の学び場”雫穿大学”とは
※特集部分が丸々保存されています。
大橋が尊敬する活動仲間でもある社会学者『雫穿大学(てきせんだいがく)』を新たに立ち上げた、朝倉景樹さんも出演されました。

●YouTube(ABEMA Prime 公式チャンネル)
【ひきこもり】元当事者ならではの支援とは?「ひきこもりを問題視しない。本人も家族も自分を責めないで」
※特集がさらに編集され短く公開されています。雫穿大学パートは入っておりません。

●ABEMA TIMES 
「元当事者だからこそできる」両親への複雑な思いを抱えながら、ひきこもり当事者とその家族を支援 生き難さコンシェルジュ・大橋史信さん
※記事にしていただきました。ご一読ください。